夜神灯屋-TV(Yagamiya-TV)

夜弓神楽狐之灯矢の夜神灯屋-TV / Tukuyomikagurakonotouya’s Yagamiya-TV

写真
 
 


不定期で21時からUstreamにて生放送(放送時間は変更することがあります)


This program is being broadcasted on the last Sunday of the month by Ustream.Date and a time of broadcast may be changed.

番組のUstreamチャンネルはこちらから Go to this Usteam channel from here http://www.ustream.tv/channel/18345554

写真

番組概要/Program’s guide

毎回違ったジャンルでご活躍されているゲストを番組にお招きし
日本文化をたっぷり掘り下げてご紹介しています
Every time,invite guests who are active in many different genres to this program.And introduce Japanese cultcure or items in detail.

出演者紹介/Introduction of MCs

夜弓神楽狐之灯矢(Tukuyomikagurakonotouya)

写真
夜神灯屋の主 平安時代からやってきた野狐
和の歌舞アーティストとして全国のお祭りやイベントに出演 オリジナルCDの他、自身がデザインした和物グッズも展開している
A fox who is the head of this Yagamiya.He came from Heian Era for telling Japanese culture.
 

たーまん(Taaman)

写真
アソビクリエイター集団「P-SCRUM」代表 YouTubeチャンネル「げつよう晩酌」など、動画制作を主にイベントなども手掛ける 「劇団あーてぃすとら」にも所属し、様々な場面で勢力的に活動中
Taaman is a chief of creating Asobi group 「P−SCRUM」.He plays an active part in various fields.


次回 第16回 2016/06/18 #16

テーマ(Theme):茶道
ゲスト(Guest):碧夢庵 道舜宗地


第15回 2016/01/27 #15

テーマ(Theme):雅楽(Gagaku)
ゲスト(Guest):岩佐堅志(Kenji Iwasa)

放送内容/Broadcast content

雅楽演奏者で講師の岩佐堅志氏と共に雅楽について歴史から管弦、歌舞、装束、舞台まで徹底解説。岩佐氏による雅楽の裏話や龍笛の生演奏も行われた。
We described about Gagaku thoroughly with Kenji Iwasa who is a Gagaku player and teacher.Iwasa talked Gagaku’s inside story and played Ryuuteki.

岩佐堅志 プロフィール Kenji Iwasa’s profil

写真雅楽奏者・講師

1973(昭和48)年奈良県生まれ。12歳より雅楽を始め、15歳より演奏・演舞を中心としたプロ活動を開始する。専攻は横笛(龍笛・高麗笛・神楽笛)・左舞・琵琶。横笛・琵琶を上明彦氏、左舞を池邊五郎氏に師事。平成11年には全国各地の若手雅楽演奏家の交流の場となるべく雅楽演奏ユニット「博雅会(はくがかい)」の結成に尽力、自ら代表に就任。以来、博雅会としても全国各地で演奏活動を展開している。個人的な演奏活動としては、雅楽の世界には珍しいマルチプレーヤーとして活躍している。雅楽管楽器の演奏においては鳳笙・篳篥をも含む全てに通じ雅楽の舞(左舞が中心)のレパートリーは約20曲を数え雅楽における絃楽器・打楽器や古代歌謡にも明るい。また雅楽曲の作編曲なども手がける。また雅楽講師としても現在ECCアーティストカレッジ雅楽コース講師(2001〜2006)NHK大阪文化センター雅楽講座講師(2002〜)富山・小矢部市無形文化財・雅楽[洽声会]左舞講師(2004〜)金沢・萌雅会龍笛講師(2005〜)、など勤めるなど、全国各地に門下生を持つ。

Officail Web:岩佐堅志 オフィシャルサイト
Blog:雅楽徒然草


第14回 2016/01/03 #14

テーマ(Theme):書道(Shodou)
ゲスト(Guest):書家 かな(Shoka Kana)

放送内容/Broadcast content

書道について解説。漢字の伝来から和様と唐様を巡る日本史の裏側に迫った。現在使用されている主な書体紹介の他、書家かな指導の元で書初めも行った。
Explained calligraphy.And commented the backside of the Japanese history over Japanese architectural style and the Chinese design from the transmission of the kanji. Other than a main style of handwriting introduction, the calligraphy practice at the Kakizome by the cause of the calligrapher Kana instruction.

書家 かな プロフィール 書家 かな’s profil

写真書家・絵師・グラフィックデザイナー

6歳より書を学ぶ。美術大学卒業後、デザイン制作会社にグラフィックデザイナーとして勤務、その後、書家として独立。水墨画の龍や掛け軸のライブパフォーマンス、日本全国のイベント出演・筆文字制作・講師活動・書道教室開催など、書における幅広い活動を行う。近年はアメリカ・ボストンにて、日本の伝統文化である書・日本の民族衣裳である着物の普及に努め、数々の文化交流会、大学・美術館での講師・パフォーマンスを行うなど、国内外で活躍。基本の書から、インテリアに映える創作書、和のイラストレーション、飛白体を得意とし、書デザインという新しい分野の作品を提案。特許庁ロゴ制作他、新生『放浪記』の筆文字を担当。『書家 かな』書道教室主宰。東京駅近くの朝活カレッジにて月1で女性のための美文字セミナーを開催中。

Officail Web:書家 かな 公式サイト
Blog:『書家 かな』のブログ~花鳥風月~


第13回 2015/09/12 #13

テーマ(Theme):和妻(Wazuma)
ゲスト(Guest):izuma

放送内容/Broadcast content

和妻の魅力と主な演目を紹介。その起こりである奇術の歴史から変遷を辿った。番組後半には和風手品師のizumaが華やかな演目を披露。
We introduced history of the Wazuma which is the Japanese magic tricks.Izuma performed a magic trick in the second half of the TV program.

izuma プロフィール izuma’s profil

写真「いつか見た夢のような世界」を作り出す和風手品師。
その世界はどこか儚く、美しい。

【プロフィール】
色彩やストーリーに重きを置く手品師。
幻想的な世界観と表現力が評価され、2009、10 年と文化庁芸術団体主催「Magic of MAGIC」やアジア大会に出演。
2011年にはマジックの世界大会FISMの日本代表となり、アジア予選に出場。
第11回東京都公認ヘブンアーティスト合格パフォーマー。
近年では香港・マカオなど海外の舞台にも出演し、その他ダンス・大道芸イベントなどでも活動の幅を広げている。

Officail Blog:手品師 izuma のブログ
twitter:@izuma_


第12回 2015/08/23 #12

テーマ(Theme):甘酒(Amazake)
ゲスト(Guest):たーまん(Taaman)

放送内容/Broadcast content

アマザケストのたーまんが甘酒の歴史とその知られざる美味しさを発信。たーまんおすすめの無糖で和菓子のような味わいの甘酒も振舞った。
Amazakesuto Taaman transmitted history of the Amazake and the deliciousness of the Amazake.He treated his recommended Amazake.

たーまん プロフィール Taaman’s profil

写真

アマザケストたーまんプロデュース:「あま兄やん」グッズ
twitter:@taaman_b


第11回 2015/07/26 #11

テーマ(Theme):温泉(Onsen)
ゲスト(Guest):志真うた(Uta Shima)

放送内容/Broadcast content

温泉の歴史や名所などを解説。温泉ソムリエの志真うたが武将や文豪が愛した温泉という切り口で温泉の楽しみ方を話した。
We described the history of Onsen and the famous place of Onsen.Shimauta(Onsen sommelier) talked about how to enjoy Onsen that Bushou and Bungou favorited Onsen.

志真うた プロフィール Uta Shima’s profil

写真歴史雑学と温泉とアイスと餃子とジャスタウェイをこよなく愛する
お笑いタレント・温泉ソムリエ・
イラストレーター・歴史恋愛研究家
富山県黒部市出身

Officail WEB:武将と志士と温泉と、男と女と…歴史四方山話
twitter:志真うたの歴史小話〜公式TWITTER


第10回 2015/04/26 #10

テーマ(Theme):サムライ(Samurai)
ゲスト(Guest):Ryo!

放送内容/Broadcast content

ファッション武士のRYO!とサムライの起源や魅力について語った。RYO!が日々発信しているさむらいらいなど武士言葉の意味や使い方も伝えた。
Fashion Bushi RYO! talked about Samurai’s history and charms.RYO! taught the use of Samurairai etc.It is RYO!’s original Bushi words for expressing the Samurai.

RYO! プロフィール RYO!’s profil

写真東京大学文学部4年。小学生の頃、大河ドラマ「利家とまつ」を見て以来、武士が好きになり、その前田利家の子孫の屋敷跡にキャンパスがある東京大学に入学。岐阜出身。
「武士、サムライを切り口に日本の文化や歴史にふれるきっかけを作る」という志のもと、オリジナル武士曲を作詞作曲し、LIVEを行うファッション武士。おもてなし文化や銭湯の歴史講座も行う。また、アイドルが大好きで、下北FM「東大生がアイドルを研究してみた!」のMCをつとめる。
現在、株式会社さむらいらい(仮)の設立に向けて準備中。

Officail WEB:RYO!の毎日かたじけなっしんぐ!
Twitter:@RYO_ReaL


第9回 2015/03/22 #9

テーマ(Theme):華道(Kadou)
ゲスト(Guest):赤木マキ(Maki Akagi)

放送内容/Broadcast content

華道家の赤木マキ(池坊家元)が様々な角度から華道を解説。自身の生花のテーマとリンクさせた写真作品やDJの活動も紹介した。
Maki Akagi(She is a flower arrangement expert of Ikenobo school.) explained the whole thing about Ikebana.She is a also DJ and Photographer.We introduced her wonderful creations.

赤木マキ プロフィール Maki Akagi’s profil

写真1997年よりいけばなを学び、2003年より個人創作発表を開始。
都内クラブをベースとしたパフォーマンス、企業レセプション装花等を経て、近年、植物が繋ぐ世界についてのコラムを執筆。
花と植物そのものの計り知れないエネルギーを敬い、 人と植物と宇宙の関係性を研究する。
短大学科にて音楽を学び、音楽制作を経て(株)音響ハウスへ入社。後に (株)東芝 デジタル機器部門にて商品企画を担当。
2005年よりakg+、makiAKAGIの名義にてDJ・音楽活動を行う。
いけばな・音楽ともに、その可能性の拡張と概念の更新を理念としている。

Officail WEB:maki AKAGI akg+
Mixcloud:Mixcloud


第8回 2015/02/22 #8

テーマ(Theme):柔道(Juudou)
ゲスト(Guest):長田プリン(Purin Osada)

放送内容/Broadcast content

元柔道日本一芸人の長田プリンが自身の体験談とともに柔道の魅力を話した。技のかけ方から柔術を使った護身術まで徹底的にレクチャー。
Osada Prin who is the former Juudou champion in Japan told the seductions of Juudou with his experiences.He gave lessons a tactic of judo and the art of self-defense with juujutsu.

長田プリン プロフィール Purin Osada’s profil

写真P.B.P所属の元柔道日本一ピン芸人

Officail blog:長田プリンのプリン日記
Ustream:長田にはじまり、プリンにおわる


第7回 2015/01/25 #7

テーマ(Theme):浮世絵(Ukiyoe)
ゲスト(Guest):萬家一斎(Itsusai Yorozuya)

放送内容/Broadcast content

日本に現存する2人の浮世絵師のうちの1人である萬家一斎先生をゲストに招き、浮世絵と江戸の暮らしを解説。文字絵という浮世絵体験も行った。
Itsusai Yorozuya is One in two of the Ukiyoeshis that we can see in Japan now.She came here as a guest and explained the Ukiyoe and the lives of ordinary people in the Edo period.We experienced Mojie(Ukiyoe) in her guidance.

萬家一斎 プロフィール Itsusai Yorozuya’s profil

写真本名:みはし・まり,雅号:萬家一斎。女浮世絵師。伊勢神宮はじめ全国の寺社に浮世絵を納める。在米日本大使館共催「生命と未来へ。現代の浮世絵メッセージ展」開催。スミソニアン協会「Japan Wow!」から招聘されデモンストレーション、ワークショップ実施。平成中村座NY公演に連動した日本文化紹介のデモンストレーションから招聘。各地で講義、講演実施。江戸文化教育の文字絵を使って児童からお年寄りまで「遊び教育」を実施。徹底した現場主義です。著書は「マンガ源氏物語」(平凡社刊、講談社文庫化)「恵方参り」(角川出版発売)。

Officail Website:萬家一斎公式HP
Illusts:ソラト
Located:赤坂豊川稲荷


第6回 2014/12/28 #6

年忘れスペシャル(Toshiwasure Special)

放送内容/Broadcast content

2014年に出演したゲストを迎えて2014年を振り返り、日本におけるおすすめの年末行事をそれぞれ紹介した。
Receive guests who appeared in this TV.And looking back on year 2014.After that introduce events held at the end of the year in japan.


第5回 2014/11/29 #5

テーマ(Theme):日本酒(Nihonshu“Sake”)
ゲスト(Guest):氏家エイミー(Aimee Ujiie)

放送内容/Broadcast content

日本酒アドバイザーの氏家エイミーと日本酒について深く語る。Sake Compe2014 グランプリの“寫楽”、エイミーおすすめ“すず音”を楽しんだ。
Enjoyed talking with Aimee Ujiie about Nihonshu.She is a Nihonshu adviser.Drank Sharaku(Sake Compe2014′s Grand Prix Winner) and Suzune(Aimee’s recommendation).

氏家エイミー プロフィール Aimee Ujiie’s profil

写真 宮城県出身 9月14日生まれ 乙女座 2008年7月よりフリーで活動を開始。
フリーで活動直後、大手企業TVCMのナレーションに起用される。その後、様々なナレーションにも起用。(現在も) オリジナル楽曲で全国各地・都内でLIVE活動
シングルCD「LIFE」「Time (酒販店限定CD) 」をリリース
配信限定シングル「NEWDAYS」リリース
ワンマンライブ「色トリドリの林檎の木 2011」「私嘘つきました。2012」「活動5th記念 Live 2013」「ACUSTIC2014~THANKS SONG PROJECT~」
2013年4月シンガーソングライター集団「香想音女」としてコンピレーションCD全国リリース
2014年5月に氏家エイミー特別プロジェクト“AIMEE”としてアニメのカヴァーでアルバムを全国リリース

Official Site:Aimee-Ujiie Official Site
TV talk show:美女と日本酒を楽しむガールズトーク番組BEAUTY’S SAKE LOUNGE FB Twitter
Provision of Data:KURAND


第4回 2014/10/26 #4

テーマ(Theme):和紙(Washi)
ゲスト(Guest):久平雅工房 篠田佳穂(Kaho Shinoda from Kyuuheimiyabi kobo)

放送内容/Broadcast content

自身が和紙の工房を営む篠田佳穂が和紙のいろはを徹底解説。VTRは久平雅工房と絵師はらぺことのコラボ企画。ポチ袋を作るプチワークショップも実施。
Kaho Shinoda who runs her own the washi’s business described the Washi in detail.VTR was the Kyuuheimiyabikoubou and illustrator Harapeko’s collabo project.Held a little workshop and created Pochi Bukuro.

篠田佳穂 プロフィール Kaho Shinoda’s profil

写真「粋を贈る、大人の和紙雑貨」をテーマにiPhoneカバー、iPadケース、名刺入れ、巾着、がま口、ランチョンマット等のテーブルセッティング雑貨や、ペーパーバック等のラッピング雑貨、カードや封筒等の文具雑貨等普段の生活で活用しやすい雑貨を続々と展開中

Shop:久平雅工房 Yahoo!店
Officail Website:「粋」を贈る大人の和紙雑貨@久平雅工房
introduced a illustrator:はらぺこ カラフルCafe
Interviewed:玉ノ井カフェ


第3回 2014/09/28 #3

テーマ(Theme):歴史(History)
ゲスト(Guest):磯部深雪(Miyuki Isobe)

放送内容/Broadcast content

歴女子会主催の磯部深雪が歴史の魅力や楽しみ方を伝える。ロケではファッションから歴史を紐解くイベントに潜入。武将当てゲームで盛り上がった。
Miyuki Isobe told about the glam of japanese history.Crepted into the talk event to know fully the history by fashion.And the Bushou quiz added to the fun.

磯部深雪 プロフィール Miyuki Isobe’s profil

写真 歴史好き・伊達政宗好き。歴史関連の企画や地方の催事などに積極的に参加。現在は歴史系イベントのMCや歴女ブロガーなどで活動中。

Blog:みゆさんの歴史徒然
webTV:『歴☆女子会の勝手に○○おかわりっ!!』
歴女子会:公式サイト


第2回 2014/08/31 #2

テーマ(Theme):和太鼓(Wadaiko)
ゲスト(Guest):和式ドラマー渉(Japanese style drummer Wataru)

放送内容/Broadcast content

和式ドラマーの渉が和太鼓を詳しく解説。取材レポは国産ドラムメーカーmiddlecenterで和太鼓の製造工程。最後は渉による秩父屋台囃子の生演奏。
Wataru who is drummer(Japanese style) explained Wadaiko.And covered the domestic dlum’s maker middlecenter.Lastly Wataru lived Chichibuyataibayashi at a concert with Wadaiko.

和式ドラマー 渉 プロフィール Wataru’s profil

写真 音楽のスタートとしてはトラディショナルなドラムセットのプレイヤーであったが、いつしかそこに強い疑問を持ち、日本の伝統文化と結びつけ、海外に発信できる新しい形を求めるようになる。【 和魂洋才】の心を手本に、和太鼓とドラムのハイブリッドである「和式ドラム」を考案。幅広い音楽で和楽器を更に発展、活用する為に考案し、既に様々な音楽のジャンルで使用を開始している。故郷である埼玉県秩父市の祭り囃子であり、国の無形民族重要文化財に指定されている「秩父屋台囃子」を継承すべく、秩父屋台囃子傳承會代表、守屋 泰之氏に師事。更に、近年はスパニッシュ、カホンも取り入れ、ドラム+和太鼓+カホンでの演奏形態も考案。音楽集団「和同開珎」にて実用化を進めている。神社、神道の研究を好み、定期的に日本全国の神社に参拝。行く先々で、その土地の風土、歴史を楽しみながら学んでいる。
※2014年現在、一般財団法人日本文化興隆財団主催、神社検定3級合格。「日本と日本人の本質」を探求し、そこで得たものを世界へ、日本へ発信すべく活動を広げている。無類の激辛料理好きでもある。

YouTube:http://youtu.be/FA1Hi_mHN10
Blog:和式ドラマー渉の“トイレは洋式派”
Twitter:@WASHIKI_drummer
Interviewed:国産ドラム・和太鼓メーカーmiddlecentre instruments
Provision of Data:三浦太鼓店


第1回 2014/07/21 #1

テーマ(Theme):妖怪(Yokai)
ゲスト(Guest):みみずく先生(Professor Mimizuku)

放送内容/Broadcast content

妖怪の魅力を妖怪博士のみみずく先生が解説。イラスト提供は墨絵師の怪人ふくふく。VTRでは新宿の街をようかい散歩。他、妖怪イベントの紹介等も。
Professor Mimizuku commented on the Youkai.Youkai’s illusts were rendered by Kaijin fukufuku who is a sumi-painter.In addition,telled you about the Youkai events etc.

みみずく先生 プロフィール Professor Mimizuku’s profil

都内で活動する家庭教師。写真 子どもの頃から妖怪が好きで、妖怪に関する本を蒐集したり、都内の妖怪スポットに足を運ぶ。
境港妖怪検定は中級まで取得。現在、上級合格を目指して勉強中。
アートイベントやアングライベントによく出没し、そこで 出会った人や作品等をブログで紹介している。

Blog:みみずく先生の妖怪博士見習い日記
Illusts:怪人ふくふく